社員教育

やる気のない社員を放置せずモチベーションを引き上げる方法

やる気のない社員は放置せず、企業側からモチベーション向上に働きかけることが大切です。新入社員から中堅社員まで、モチベーションアップの事例を紹介しながら、意欲が低下した社員にアプローチする方法について解説します。
労務

労務コンプライアンスとは?会社の信用を守るために知っておきたいこと

労働関連法に適した経営を行うことで、労務コンプライアンスが守られます。社内のコンプライアンス意識を高めることで、企業の社会的評価を守り、労働者の職務環境を整えることが可能です。この記事では労務コンプライアンスの重要性について解説します。
離職

リアリティショックとは?従業員が早期離職する理由と対策

リアリティショックは、入社時における「期待と現実」のギャップによって生じ、早期離職の主な理由になると考えられています。この記事では、リアリティショックの原因を考察したうえで、早期離職率を下げるための対策を解説します。
職場環境

メンタルヘルスケアは企業の課題!レジリエンス向上でストレスに強い職場へ

企業がメンタルヘルスケアに取り組み、ストレスに負けない職場をつくるには、柔軟な適応力としての「レジリエンス」を引き出すことが重要です。また、研修を通じて、ビジネスと心の関係性について理解を浸透させることも有意義でしょう。
採用

「限定正社員」とは?正社員との違いやメリット・デメリットを解説

限定正社員制度は、勤務地や時間上の制限を設けた雇用形態で、一部はジョブ型正社員とも呼ばれます。ボーナスの有無など通常の正社員との違いや、導入のメリット・デメリットをふまえながら、厚生労働省による導入ガイドラインについても紹介します。
採用

外国人採用のカギは「適性検査」にアリ!外国人採用でミスマッチを避けるための適性検査活用法とは

外国人の労働者を採用しても、日本の文化と母国文化のギャップが大きく、適応できずに辞めてしまうことが少なくありません。外国人向け適性検査なら、一般的な性格・能力のほか求職者の「日本文化マッチ度」も測ることができます。
職場環境

働き方改革、失敗してない?問題点・事例から改善のポイントを見出す

2019年4月1日より、働き方改革関連法が段階的に施行され、社内制度の整備に追われる企業も多いでしょう。 働き方改革を成功に導くことができれば、従業員のワークライフバランスを改善するだけでなく...
職場環境

「企業型確定拠出年金」のメリットとは?優秀な人材確保につながる理由

企業型確定拠出年金は企業が積み立てた掛金を、従業員個人が年金資産として運用する制度です。企業にとって節税効果や採用力アップが見込める福利厚生策のひとつなのはもちろん、従業員にとっても目立ったリスクがなく優秀な金融商品です。企業型確定拠出年金の概要や、メリット、デメリットについて解説します。
採用

求人票に記載した給与額を下げることは可能?変更時の注意点を解説

求人票に記載した給与額が実際の待遇と違う場合、労使間のトラブルにつながるでしょう。内容を変更する際や、給料面に幅を持たせたいときに注意すべきポイントについて、実際の判例をふまえて解説します。
採用

転職回数が多い応募者の足切りはNG!面接で優秀な人を見極めるには

平均より転職回数が多いだけで不採用にする企業もありますが、経験が多い=優秀という見方もできます。10回以上転職していても年代や業種、職種によっては「多い」と捉えられないこともあるでしょう。転職の多い方を面接選考する際のポイントを説明します。
タイトルとURLをコピーしました