ついに日本でも注目され始めた「Linkedin」採用活動にどう活かす?

LinkedIn 採用

日本では長らく流行らないといわれているLinkedIn(リンクトイン)。とはいえ、実際に転職の際に利用し成功している人もおり、きちんと使えば役立つはずです。

特に新型ウィルス感染拡大の影響で大きく働き方が変わった今、転職においてソーシャルリクルーティングに期待する人は増えているはずです。転職希望者がオンラインでの活動を望むということは、採用活動にそれを取り入れないと優秀な人材はすぐに競合他社に奪われてしまうということ。

特に超売り手市場といわれる現在は、就職希望者のニーズにいち早く応えられるようにしないとマーケットから置いてけぼりをくらう一方です。「使えるものはなんでも取り入れる」という心持ちでいろんなツールを導入してみるのも人材確保の新しい手法でしょう。

LinkedInとは

LinkedInとは簡単にいってしまえば「ビジネスSNS」。日本語にも対応しており、Facebookのビジネス版というとわかりやすいかもしれません。日本ではたとえば名刺交換などを済ませた後、Facebookで友だち申請するという方も多いですが、世界的に見るとFacebookはプライベート用として利用している方がほとんどです。

実際、日本でもプライベートな投稿とビジネスライクな投稿が混ざってしまって使い方に困っているという方もいるのではないでしょうか。外資系企業に勤めていたり、国際的に事業展開していたりする方でなくても、ビジネスアカウントはすべてLinkedInに集約させてしまえば、そういった悩みから解放されます。

もちろん個人に限らず、企業のアカウントも同様です。ビジネスに関することはすべてLinkedInで完結させるという人が増えれば、就職、転職の際もそれを利用する人が増えます。つまり、採用活動においてLinkedInを使うことは今後ますます有効になっていくはずなのです。

2003年5月にリリースされて以降、ユーザー数も順調に伸び続け、現在約6億4500万人も抱えています(2020年4月時点)。この数は実は、Twitterのユーザー数(約3億8600万人・2020年4月時点)よりも遥かに多く、それだけ支持されていることがわかります。

とはいえ、日本国内ユーザーはLinkedIn:200万人以上(2020年4月時点)に対し、Twitter:4500万人(2018年10月時点)で、テレワーク、オンラインリクルーティングの波が広がる今は、まさに注目度がじわじわと上昇しているところだといいましょうか。世界規模で一般化しているLinkedInが使われていないことで日本のガラパゴス化が騒がれていますが、完全に孤立してしまわない内に取り入れるべきです。

LinkedInを採用活動に活かすメリットは、個人と個人、個人と企業が気軽に繋がることができるという点。これによってダイレクトリクルーティングにおける双方の抵抗感が薄れるため、入社してほしい人を見つけたら積極的にアプローチをすることができ、しかもそれが成功する可能性も高くなるのです。

なお、プロフィールには以下のような項目が表示されるので、採用を検討する材料としてはかなり広くカバーされているといってよさそうです。

  • 現在の勤務先
  • ポジション名(役職)
  • 勤務開始日
  • 業種
  • スキル
  • 最終学歴
  • 学位
  • 資格
  • 住所
  • 勤務先企業名
  • 役職
  • 免許について
  • 自身のキャリア・バックグラウンドについて
  • 得意とする言語
  • その他プロジェクトについて
  • 自己PR動画、画像、プレゼンテーションの追加
  • その他(過去の職務経歴、受賞歴など)

LinkedInを使ってできること

さて、では具体的に採用活動、就職活動においてLinkedInを使うことでなにができるでしょうか。

採用活動においてできること

ブランディング構築
アカウントを開設することで世界中から見られる可能性が広がるので、定期的に更新したりページを拡充したりすることで認知度上昇、ブランディング構築が可能。それに伴い、就職、転職潜在層にも自社を知ってもらうチャンスが得られます。もちろん求人掲載もできます。

ダイレクトリクルーティング
自社が求める人物像にマッチした人がいないか検索したり、見つけた場合にはそのまま直接メッセージを送るなどコンタクトをとることができます。登録者と求人情報を自動でマッチングする「Sales Navigator」という機能もあるため、手間をかけずに要望どおりの人材を見つけることができるかもしれません。

リファラルリクルーティング
LinkedInは「つながり」を大事にしたサービスなので、社員の知り合いなどから優秀な転職希望者を見つけることも容易く、求人サイトを利用するなど通常の採用活動よりもコスト、手間をかけずに人材確保できるチャンスがあります。

タレントプール
職種ごとに気になる方をプールできる機能が搭載されており、そのまま上長や人事担当者に共有することができます。なお、プロフィールページにアクセスするといわゆる「足跡機能」で、それが当人に伝わる設計になっていますが、契約プランによってはわからないようにすることもできます。

就職活動においてできること

ビジネスにおけるスキルを可視化
前項でも触れたとおり、プロフィールページにさまざまな情報を掲載することができるので、履歴書感覚でキャリアシートが完成できます。自己アピールが苦手な方も設問に答える形で入力するだけなので、違和感なく最大限に自身の魅力を伝えられるかもしれません。

コネクションの構築
ビジネスに特化した繋がりを整理して登録できるため、コネクション構築もしやすくなります。企業から直接スカウトメッセージが届いたり、逆に自身から企業にアプローチしたりすることも従来よりスムーズになるので、そういった繋がりをより強化していくこともできるでしょう。上手くいけばOB/OG訪問やインターンなどもできるかもしれません。

情報収集
タイムラインを見れば、繋がっている人やフォローしている企業やインフルエンサーに関する情報が常にアップデートされています。最新情報を収集したり、トレンドを把握するのに役立つでしょう。気になるキーワードをフォローすることもできるので、知りたい分野について偏りなく知識を蓄えることができるようになります。

企業からのアプローチ方法

LinkedInはダイレクトリクルーティングに役立つと触れましたが、入社してほしい候補者を見つけたとき、実際にどのようにアプローチできるのでしょうか。

InMail

「InMail」は、繋がりのない相手に連絡するときに使われる機能です。無料プランでは利用できないので、有料プランに契約する必要があります。TOP画面右上の「プレミアムプラン無料トライアル」から、どのプランだとどの機能が使えるのか詳細を見ることができるので、まずは確認してからライセンスを結びましょう。

LinkedIn メッセージ

直接的に繋がりのある相手に連絡するときにしか使えないメッセージ機能。こちらは無料プランでも利用可能です。

コンタクト

LinkedInではやりとりする相手との繋がりの強さを「コンタクト」という名称で振り分けており、それによって連絡方法が変わります。

1次コンタクト
直接繋がりのあるユーザー=連絡も「LinkedIn メッセージ」で直接とることができる

2次コンタクト
1次コンタクトの方と繋がりのあるユーザー=つながりリクエストを送って1次コンタクトにするか、紹介リクエストを利用する、もしくはInMailで連絡をとる

3次コンタクト
2次コンタクトの方と繋がりのあるユーザー=検索した際にフルネームが表示される場合はつながりリクエストを送信可能、イニシャルのみが表示される場合はInMailで連絡をとる

グループメンバー
自身が参加しているグループのメンバー=LinkedIn メッセージ、またはグループディスカッションで連絡が可能

上記4種類以外のユーザーには連絡する術がありません。ある程度クローズドな環境だからこそ、企業から個人、または個人から企業、あるいは個人から個人へカジュアルに連絡がとれるわけです。

とはいえ、つながりを持ったユーザーが少ないと理想の人材に巡りあうことも難しくなってしまうので、気になる人がいたら積極的にアクションを起こし、ネットワークを広げていくことが大事でしょう。

日本でLinkedInが流行らなかった理由と今後の可能性

ここまでLinkedInの特徴を挙げてきて、一部の機能は有料プランでないと使えないにしても、採用活動、就職活動においてとても有益なツールだということがわかります。にもかかわらず、正直今まで大きく話題になることはなく、沈黙が続いていたのはなぜなのでしょうか。

就活サイトと認識されている
LinkedInは個人目線だと「就活サイト」という印象が強いため、一時的にしか必要とされていないというのが要因のひとつです。特に日本の場合、ベンチャー企業の拡大や働き方改革の影響もあり、転職という選択肢がかねてよりもカジュアルに受け入れられるようになりましたが、それでもまだ長期雇用が一般的だという考えが浸透しています。

海外ではLinkedInは「ビジネスSNS」という認識で広まっているため、就職、転職予定のない方も自身の可能性を広げる目的で利用しており、コネクション拡大やキャリア向上に役立てています。なお、転職予定のない個人ユーザーはスカウトメッセージが送られないように設定することも可能です。

自己アピールが得意ではない
謙虚であることが美徳とされる日本の文化では、あまり積極的に自己アピールをすることを好ましく思わない方もいます。LinkedInでは個人ユーザーを検索すると、真っ先に目に入るのはその人のキャリアや実績が並ぶプロフィールページ。大っぴらに自慢をすることに慣れていない日本人には使いにくいといわれています。

ただ、現在では国民総SNSユーザーといえるほど、SNSが普及しており、「承認欲求」という言葉も日常的に使われるようになりました。もちろんLinkedInに今までのキャリアを記載することが自己承認欲求を満たす道具になるというわけではありませんが、ネット上に自身を紹介することに長けてきているのは事実であるはずです。

加えて、働き方の幅が広がった今、フリーランスや業務委託、副業といった道を選ぶ人はどんどん増え続けています。企業も雇用形態の幅を広げればLinkedInは双方の活動をサポートしてくれるため、ますます可能性は広がっていくのではないでしょうか。

冒頭の繰り返しになってしまいますが、超売り手市場の今、企業が採用活動においてやるべきことは、できる限りあらゆるツールを用いて優秀な人材と接点を作る可能性を広げていくことなのです。

タイトルとURLをコピーしました