インセンティブ制度とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

組織

近年インセンティブ制度を取り入れる企業が増えています。インセンティブ制度は簡単に言うと、「社員を励ます、やる気にさせる」制度です。では、どのように励まし、やる気を出させるのでしょうか。

この記事ではボーナスや歩合との違い、インセンティブ制度を取り入れることのメリット・デメリットについて紹介します。

インセンティブ制度とは|ボーナスや歩合との違いを解説

インセンティブ制度とは、社員のモチベーションを高め、持続させる施策のことです。

会社の定めた目標に対しての社員それぞれの達成率に対して、給与や賞与に反映させます。金銭的な報酬のみではありません。他に表彰や副賞の贈与など非金銭的な報酬もインセンティブと言えます。

インセンティブ制度を取り入れている企業では、ボーナスとしてインセンティブを導入している例が多くあります。

日本では、ボーナスはこれまで一般的には「給与の何ヶ月分」といったように、あらかじめ賞与の金額が決められていたり、その年の会社の収益に応じて賞与を均等に分配する形をとってきました。全体額が決まっており、個人の成果によって大きく差が出しにくいのです。

インセンティブ制度をボーナスに反映させている会社では、賞与の額が決まっていません、個人の成果や成績により、金額が変動します。

更に、混同されやすいものとして歩合があります。個人の業績によって支給額が変化するという点は共通しています。歩合制は年間の目標ではなく、実績「1件ごとのに○○円支給」と決められている仕組みです。歩合制の例として保険の営業職、美容師等があります。

インセンティブ制度のメリット

インセンティブ制度を導入すると、企業によってどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、インセンティブ制度の一番のメリットはモチベーションが上がることです。努力すればするほど報われる環境にあれば、やる気の向上が期待できます。やりがいをもって業務に励むことで、社員同士が高め合うことに繋がります。社員はスキルも精神面でも成長し、企業自体の力も強くなります。

他に実力が正当に評価されるというメリットがあります。企業で働く上で、企業への貢献や成果を上げることは当然ですが、特別な成果を上げたときに評価されないとモチベーションの低下に繋がります。

学校ではテストの点数で努力が評価されますが、社会人になるとなかなか目に見える形で正当に評価されにくくなってしまいます。インセンティブ制度で正当に評価されることで自分自身の役割が明確になります。

そして、優秀な人材を獲得するアピール材料になります。インセンティブ制度を導入していない企業も有る中で、求人の際にインセンティブ制度はアピールポイントになります。成果を出したからこそのインセンティブ制度なので、成果を出す自信を持った人が集まってくるのはないでしょうか。

インセンティブ制度のデメリット

では、インセンティブ制度にはデメリットはあるのでしょうか。全ての企業がインセンティブ制度を導入しているわけではないというのは、やはりメリットばかりではないからです。

まず、モチベーションが低下する可能性があります。インセンティブ制度はあくまで成果や実績に基づいて与えられます。その為、努力したのに実績とならなかった場合に、インセンティブに繋がらないことがあります。インセンティブ制度がモチベーション低下を招いてしまうのです。

また、全職種にインセンティブ制度を導入することは困難な場合があります。営業職だと契約件数で実績が目に見えたり、エンジニアだと成果物で判断することができます。しかし、人事や総務等の事務職になると実績が目に見えません。自分の実績や正当に評価されず、不公平なのではないかと不平不満を持つ社員が出る可能性があります。

更に、インセンティブ制度はチーム単位ではなく、基本的に個人の業績を反映します。そのため、同僚をライバル視し、人間関係がぎくしゃくする可能性があります。ライバルとして高めあえればいいのですが、足の引っ張り合いになってしまうと本末転倒です。

まとめ:インセンティブ制度は企業も社員も成長させる

いかがでしたか。この記事ではインセンティブ制度とは何か、インセンティブ制度のメリット・デメリットを紹介しました。ぜひ、効果的に取り入れて企業及び社員の成長に繋げてください。

タイトルとURLをコピーしました